外国為替証拠金取引についての面白いところは、単品の投資商品であるのにお金を掛ける期間を短い・普通・長いの3つの期間からどの期間を選ぶのかにより投入のやり方がまったく変わってくるという点にあると言います。第一に外国の貨幣へ投資の「長期」に関して詳しく見てみよう。長期の投資というものは一年以上の出資を基準にしているものです。一般的に為替の相場で一年以上後々の為替相場は円高であるか、円安になっているかを考えるのはまず難題かと思います。普通の人は「そんなに後々の変動は未知数です」と思うのが一般的だからです。予言もできないのに頭を使って予想しようとしたところでそれは無茶苦茶なことなのです。そんなわけで、外貨を買ったとして、そのタイミングでの価値よりも円が高めになっていてもそれはしばらく経てば円安に戻るはずだという程度の感覚で売買に参加するのがベストです。為替の利益を何が何でも大きくするだけでなく、他の方法での収益スワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくするのを、第一の目標にしてお金を預けてみましょう。当たり前ですが短期的に為替差損に損がすごく膨らんでしまうことがあります。そのことから、こういう場合のような差損が大きくなっても問題ないようレバレッジをできるだけ少なめで設定することは重要です。FXは為替差損が一定範囲以上に大きくなってしまうと追い証(追加保証金)を払わなければならなくなったり、もしくはストップロス(ロスカット)になったりします。損切りをしたらそこでトレードをフィニッシュすることになり、長期の取引がストップしてしまいます。こういったリスクを避けるには、レバレッジ2?3倍あたりで取引するべきです。次に中期のスタンスのケースの売買を考えてみましょう。中期スタンスのケースでは、一番長くて1?2ヶ月程度先を予測しての取引になります。為替売買の場合は、1ヶ月後のことは、おおよそ推測可能でしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際的な会議の話題、マーケット参加者がどういう点に関心を持っているかを確認してみればそこそこ先読みできるでしょう。上記のように経済情勢をチェックしながらグラフを参考にすることによってレートの状況を把握し、買いポジションか売りポジションかを判断するのがいいと思います。基本的に、経済の基礎的条件とテクニックのどちらも良い状況であり、あるいは買い傾向が一致していれば、ほぼ予想通りに動いていくと思って良いのです。その際は保有高を増やすともっと多額の儲けを獲得できるはずです。最後に短期の要点。ここでの短期トレードは言うなればデイトレードのことを意味しています。為替市場でデイトレをする際ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまったく関連がないと思います。どうしてかというと次の日の為替レートの動きに、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関係がないからです。ここで狙いどころは大きい催し物がある際、それが影響してレートが目立って動く時を逃さないようやり取りすることです。例を挙げると米国にて雇用者の統計が発表されるもしくは金融政策等によって金利が変化するほどの行事。こういったタイミングに変化を見逃してはいけないとの意味から、短期のスタンスは多様なデータが欲しいところである。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.