どこにでもある初めての方向けのFX取引の教科書では、「損が生まれた時にはナンピンをして、全体の買い付けコストを低くする」等助言されている事もありますが、実際はこれには相当大きな罠がある。まずはじめに、ナンピンの方法について易しく述べておきます。一例として1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いですからドル高に向うほど黒字が大きくなりますが、逆に1ドルが95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。この状態で保持し続けたとしたら、損失が戻るためには損失分円安ドル高に進む必要があります。誰でも、赤字は可能な限り早く回復したいと願うでしょう。そこではじめに取引したのと同額のドルを1ドルを95円で売買します。それによって、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。すなわち、2円50銭の幅でドル高に向えば損を失くせます。この流れがナンピン買いの理屈です。こういうふうに、ナンピンの方法を耳にすると、「確かに」と考えるが為替は簡単には思った通りにはなりません。初めから、1ドル95円が底だということなど、誰も分かりません。外国為替市場が強いドル安の流れだとすると、1ドル95円では収まることなく、より一層円高ドル安にいくリスクがあります。ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安に進んだらナンピンをしたポジションも赤字が生じることになってしまうのである。それでは、初めに保有したポジションと合計でより大きな損失を被ることになる。この例のように、ナンピンは難解です。であるなら、為替が己の筋書きとは別の方向にさっさと向う場合どのような術で危機を避ければいいのでしょうか。そこで選べる対策は多くはありません。まずひとつめは覚悟を決めて、ポジションを閉じる事です。もうひとつの選択肢としては、今、自分が所有しているポジションを小さくする事によって外国為替市場が元のようになるのを待つ事です。相当消極的な対策だと言う投資家もいるでしょう。だがしかし、自分のポジションに差損が出た場合最も有効な術はこれ以上のものは考えられない。言うまでも無く、机上では、ナンピン買いするという方法も効果的です。しかしながらナンピンは自身が損失を披っている場面にもかかわらず、ポジションを減少させるどころかそれとは反対にポジションを積み増していく方法である。この手法では、危険を削減することなどどう考えても無理だ察するべきです。ナンピンを続けられればいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。けれども、そうなる先に投資資金がショートしてしまうだろう。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.