初めて取引する時という局面では第一に下調べをしなくてはいけません。トレードを行う前であったならば場面を客観的に調査する事ができるゆとりがあります。しかし、ひとたびマーケットの内側に入ってしまうと、どうしても物の見方が独りよがりになってしまい、状況によっては真っ当な見方がわからなくなるリスクを負います。だからこそ自分自身のメンタルが冷静なうちに、しっかりと準備を進めておくことが大切です。この”j事前準備”のためには、とにかくあなたの物語を書くことからスタートする。この先の為替相場はこうなってああなるから、ユーロを売る(あるいは買う)みたいに、自分のシナリオを立てていくのだ。次に大切なのは日足チャートをチェックする事です。それ以前の市場の値動きを見定めて今日の位置を見ます。すると、「今はだいぶ高い状況にあるな」など、もしくは「もうすでに大多数の方々が売買しているから、今さら急にエントリーしてももうやりようがない」などと理解できます。もちろんエントリーするのがなすすべがないと感じたならば、ここはきっぱりとあきらめることか肝心です。どうやってもストーリー展開を譲らずに新規エントリーすると相場に押し返されてしまい、それどころか損することになる危険があります。そうは言っても多くのケースで、用意周到に自分の脚本を描いておくとエントリーが間に合わないなという場面にはならないと思います。おそらく、実際に相場が動意づく前の状況のはずだからです。続いては、自分が注文しようとする通貨の変動を、しっかり点検する事が重要です。仮に円安に向うと予想するストーリー展開を考えたのであれば、該当する通貨の変動に注目しておきます。外国為替相場の推移をチェックし始めた状況では、ドルは大きく推移する兆しを見せないで、上がったり下がったりわずかな上下動を繰り返しているだけでしょう。しかし、その変化をきちんとチェックしていると、あるポイントでじわじわと、円安へと外国為替相場が動き始めてくる。そこでやっとドル円のエントリーします。一般的に、緻密に準偏を進めておけば、その売買で儲ける率は比較的大きくなります。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.