FXのパターンには取引所取引という所がございます。普通の外国為替証拠金取引(FX)企業とトレードを実施するという行動を「店頭取引」と呼ぶのですがこの事は取引所を通行させず売買のペアはFX業者になるのです。「取引所取引」という場所は外為取引(FX)会社はとはいっても仲だちであるので、ダイレクトな売買ペアは取引所を意味する事になります。この相違をただ今若干比較してみましょう。「店頭取引」の場合は預託しているお金は外国為替証拠金取引(FX)業者にコントロールされているのです。こなた「取引所取引」の際、この資金は全金額取引所に預金しなければならないと義務化されています。仮に外国為替証拠金取引(FX)会社がダウンしてしまうというような話が万が一あったとしても取引所取引は取引所によって証拠金が全金額守護されることになっています。場合はFX企業が管制しているので、状況を見て会社倒産のしわ寄せをの傷を受けて寄託していた資金は防衛されないかもしれません。加えて税金面でも店頭取引と取引所取引は条項に相違が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と一緒に計算して申告しないといけません。ところが確定申告しないで良いケースもありますのでわが身に相応するかどうかよく確認していただきたいです。もしかしてアナタが勤労者で収入2000万円以下、給与所得他収益が20万円以下(いくつかの事業者から給料の所得が無いということ)といった条項を守っているということであれば特別というお話で確定申告は不要でOKです。FXのもうけが20万円以上の折は確定申告するようにして下さい。税の割合は収益に応じて5〜40パーセントの6つの段階に分けられており手取りが高いようであればタックスも高くなります。「取引所取引」においては、もうけがあった際にはそれ以外の稼ぎとは別として「申告分離課税」の的になってしまいます。税の割合は一律20%となるんですが、万一足が出るのが断定されたなら「取引所取引」の利点として損分を来年以降に先送りという事ができます。上記のように、「取引所取引」の方が安価なtaxになる事も大いにあるので照らし合わせてみて考えた方が良いでしょう。ひときわビギナーのケースは、株価の浮き沈みや円相場にいつも気を配り、収益やマイナス分にひやひやするあまり、税金を支払わなければならないという事柄を忘れて放置になってしまうこともあるんです。マイナス分は困ってしまいますが、収入が増えれば税金についても増えるので神経を使うのとわきまえる事が大事な点ですね。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.