為替介入(外国為替平衡操作)という言葉を知っていますか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌記事、テレビのニュースネットなどの報道記事で見た方もたくさんいると思います。元より為替への介入というと我が国では、財務大臣が為替相場の沈着を実現できるように使う方法ということで見なされています。簡単に言えば、極度の円高、円安が発生すると財務大臣の命令により日本銀行が円を売買して為替相場を安定化させることを言います。外国為替平衡操作(為替介入)は方法があるのです。1.単独介入・・・行政機関や中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で自主的に市場に加わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合ったうえで各銀行などが持っているお金を用い同時期にあるいは随時為替介入(外国為替市場介入)を実施していく。3.委託介入・・・他の国の通貨当局へ為替介入を委託する。4.逆委託介入・・・日銀が異国の銀行などに成り代わり介入を行なう。この通り種類があります。どのやり方の為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、引き続いて為替レートにたくさんの効果を与えるのです。外国為替市場介入(為替介入)の資金は当たり前ですが自国のプライドをかけているのですから桁外れです。円を基本にして例えると、普段はほんの少し動いている円レートがいきなり数円単位の変化をします。個人投資家の方ならば今までに経験したことがあると考えますが、それまで上手に含み益(もしくは損失)が多いポジションを保っていたのだが、保持している持ち高が決済しましたとのことで通達がFXの業者からEメールが届き。いくらくらい得になったのかな(損益が出たのかな)?と考えながら決済された状況を見ると、自分の中で予測していた状況とはまったく逆の内容となってしまい目を丸くしたという例があるのです。外国為替市場介入(為替介入)が実施された時に起こりがちなです。為替の介入を実施すると為替市場の動向と真逆の動きをします。なおかつ動く金の範囲はかなりでかく変動しますので気をつけましょう。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.