為替介入という言葉は知っていますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌、テレビ番組、インターネットの報道記事で目にした方も多いと思います。元来為替介入(外国為替市場介入)というものは日本の場合、財務大臣が為替の相場の安定化を保つように用いる戦略として評価されています。簡潔に言うと、激しい円高、円安になった際に財務大臣のお達しが出ると中央銀行である日銀が円を取引することで為替のレートを安定させる、といったものです。為替介入(外国為替市場介入)にはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・政府もしくは日本銀行が東京での市場において直接市場に参入して為替介入をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議し、それぞれの通貨当局のお金を使って一斉にまたは少しずつ為替介入(外国為替平衡操作)を実行する。3.委託介入・・・国外の通貨当局への外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に代わり為替介入を実施する。このようにやり方があります。いずれの方法の外国為替市場介入(為替介入)も短期に、引き続き為替に大きな影響を与えます。為替介入(外国為替市場介入)の資金はさすがに威信をかけているだけにスケールが違うのです。円ベースでみると、日頃は少しだけ変動する為替相場が急に数円の変動をします。個人投資家の方であれば一回は体験したと考えますがそこまでは順調に含み資産(または損失)が増加していた保有高を維持していたところに、持っている保有高が決済したという通達が外為の会社からメールが来ました・・・どの程度利益が出たのかな(赤字になったのか)?と考えながら決済された状況を見たところ自ら考えていた事とはまったく反対の状況であり驚いてしまったとの話がよくあります。為替介入(外国為替市場介入)が行われた時によくある話なのです。このように外国為替市場介入(為替介入)が行なわれることで、為替の変動とまったく逆の変化をするものです。なおかつ変化する金額の幅はものすごく大きくでかく動くので注意しましょう。

Copyright © 2002 www.hanway1.com All Rights Reserved.